ハーブ・オオタ・Jr.   'Ukulele Nahenahe

ハーブ・オオタ・Jr. 'Ukulele Nahenahe

配送料の負担

ハーブ・オオタ・Jr.

商品の状態

埼玉県

発送元の地域

ハーブ・オオタ・Jr.

らくらくメルカリ便

発送までの日数

ご覧いただきありがとうございます Herb Ohta,Jr. ハーブ・オオタ・ジュニア 'Ukulele Nahenahe ⚠️紙ケース内側にサインペンで直筆サインが書かれています。写真2枚目でご確認いただき、ご了承いただけます方、ご検討ください。 ・こちらはウクレレ演奏のみです。ヴォーカルはありません。 ・曲目は写真3.4枚目をご参照ください。 ・ケースは紙ケースです。多少のスレと1箇所破れがあります。(写真7枚目) ・CD再生確認済みです。問題なくお聴きいただけます。 ハーブ・オオタ・ジュニア Herb Ohta, Jr.(本名:Herbert T. Ohta) 1970年ハワイ州ホノルル生まれ。父はウクレレ界の巨匠“オータサン”ことハーブ・オオタ。 3才で初めてウクレレを手にし、祖母の手ほどきでウクレレを弾き始める。幼少時代は父から正式なレッスンを受けて育ち、11才になる頃には父の代理講師を務めるまでに成長する。その後の学生時代はしばらくウクレレから離れるものの、17才の時にマカハ・サンズ・オブ・ニイハウの音楽に感銘を受け、一気にハワイ音楽へ傾倒。再びウクレレを手にした後は、ウクレレプレイヤーとしてミュージシャン道を進むことを決意する。 1990年、父・オータサンのアルバムに参加し、レコーディング・アーティストとしてプロデビュー。その後も数々のレコーディングやコンピレーションアルバムに参加し、レコーディング・アーティストとしての地位を確実なものにしていく。1997年には念願のソロアルバムをリリース。このアルバムで、父の正統派奏法を受け継ぎながらも、若い感性が溢れる独自のスタイルを明確に打ち出し、一人のアーティストとしての成長を見せる。以降、コンスタントにソロ・アルバムをリリース、ソロ・アーティストとして、新世代ウクレレ・プレイヤーの先駆者的存在となる。 レコーディングやパフォーマンスを積極的にこなす一方、ウクレレとその音楽の普及にも力を入れ、1992年には自らのウクレレ・スクールを開校、講師としても多忙な日々を送る。ハワイだけでなく、アメリカ本土や日本にも遠征し、ウクレレの素晴らしさを多くの人に伝えている。 #フラ #ハワイアン #ウクレレ

傷や汚れあり

ハーブ・オオタ・Jr.

送料込み(出品者負担)

配送の方法

2~3日で発送

ネットショップ全体での類似商品の価格比較

この製品をおすすめするレビュー

この製品をおすすめするレビュー

この製品をおすすめするレビュー